オンデマンド印刷 オンデマンド上製本 データ作成上の注意点 データ入稿方法 印刷の基礎知識

■現在位置 : HOME > 印刷の基礎知識 > 色の基礎知識

印刷の基礎知識

色の基礎知識

4色(フルカラー)印刷

フルカラー印刷はC(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)の4原色から成り立っています。そのため、フルカラー印刷のことを4色(4C)印刷とも呼びます。これらの4原色のインキを掛け合わせて刷り重ねるとさまざまな中間色が得られます。

CMYKフルカラーは下記の4色で構成されています

C(シアン)

M(マゼンタ)

Y(イエロー)

K(ブラック)

モノクロ

一般的にいう白黒です。白から黒の中間を微妙なグレーの階調で表現するグレースケールと、白と黒の2色のみで表現するモノクロ2階調があります。

グレースケール
(写真など)

モノクロ2階調(二値)
(イラスト・カットなど)

特色印刷
CMYK以外の特別なインクを使用して印刷します。
通常フルカラー印刷には使用しませんが、モノクロの黒の代わりに使用したり、2色印刷に使用することが多く、例えばパッケージなど単色で印刷する場合に用いられることがあります。
さまざまな特色印刷が可能です。ご希望に沿ったカラーをお選びいたします。

特色1色の場合

例えば上のようなモノクロ印刷を、 黒のインクの代わりに…

上のような赤のインクで印刷すると…

このような仕上がりになります

特色の指定

言葉で表現する「色」は、主観の占める割合が大きいため、思わぬ誤解を生むことがあります。
例えば「青」といったとき、どのような色を想定するでしょうか。おそらく人それぞれ、思い描く色は異なるだろうと思います。下をご覧ください。左図も、右図も、言葉に表すと同じ「青」ですが、実際の色イメージは大きく異なります。

このような青のつもりで 言ったのに…

このような青だと受け取られる
ケースもあります

CMYKとRGB

印刷物の場合、CMYKの4原色で色は再現されます。それに対しモニタ表示などで使われる色は、光の3原色と呼ばれているRGBで表現されており印刷表現とは異なります。RGBのデータをそのまま出力すると、プリンタや出力機の判断で濁った色に変換されてしまいます。

RGB→CMYKへの色変換

画像などCMYKに変換可能な物は、変換してから入稿してください。Photoshopの変換の場合、CMYKプレビューで変換した状態をチェックできます。
変換時に色が変わりますので、色調補正などで調整することをおすすめします。
※基本的には、作成の段階からCMYKにしておくことをおすすめ致します。

RGBのデータでしか作成できないソフト

Microsoft Officeや一太郎などビジネス系全般ソフトは、RGBカラーが基調となっており、印刷のカラーであるCMYKには対応しておりません。印刷時に弊社でCMYK色変換をさせていただきますが、データ上の色を完全に再現することはできません。特に、発色の強いグリーンやブルーは色が大きく変わってしまいます【下図参照】。ご了承ください。

モノクロ変換時の色の変化

また、カラーで作成されたデータを、「モノクロで印刷したい」と相談されるケースもあります。その場合、色のイメージはかなり変わってしまうのでご注意ください。特に赤やイエローなどの映える色は、モノクロに変換すると、思いのほか目立たなくなります。

このような黄色をモノクロに変換した場合

このような赤をモノクロに変換した場合

このページの先頭へ戻る