オンデマンド印刷 オンデマンド上製本 データ作成上の注意点 データ入稿方法 印刷の基礎知識

■現在位置 : HOME > データ作成上の注意点 > Adobe Photoshopの注意点

データ作成上の注意点

Adobe Photoshopの注意点

Photoshop-適切な解像度

適切な画像解像度は用途によって異なりますが、印刷に使用する場合、以下の数値を満たしていれば、きれいに仕上げることが出来ます。

画像サイズと使用サイズが等しい時
  • カラー、グレースケール=350dpi
  • Web利用の場合=72dpi

これ以上解像度を上げても印刷仕上がりに大きな変化はほとんどありません。
解像度のチェック方法は、Photoshopメニューの「イメージ」から「画像解像度」を選択して確認下さい。

上記の適切な理想解像度は、画像サイズが使用サイズと等しいときに限りますのでご注意下さい
※高画素のデジタルカメラは、72dpiで画像サイズが大きいものがほとんどです。

Photoshop-印刷に適した色モード

印刷の色はC(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)で構成されています。
R(レッド)G(グリーン)B(ブルー)はディスプレイ上の色表現です。
写真などを加工する際はカラーモードをCMYKに設定して作業して下さい。RGBでのご入稿の場合は、こちらでCMYKに変換させていただきますが、その際に色調が変わる可能性がありますので予めご了承下さい。

画像の色とカラーモード

メニューバーから「イメージ」→「モード」で現在のカラーモードを切り換えることができます。
Illustrator、PageMaker、Indesignなど、CMYKカラー対応のソフトに貼り込む場合、予め色のモードを変換しておくことが必要です。

【注意事項】

  • 「PhotoshopElement」(Photoshopの機能限定バージョン)は、CMYKモードに対応しておりません。
  • MicrosoftOffice(Word、excel、Powerpointなど)や一太郎などは、CMYKモードに対応しておりませんので、RGBのままで構いません。最終的に当社でCMYKに変換することになります。
作成者の方へのお願い

OSバージョン、フォント環境、プリンタ環境によって思わぬトラブルが発生することがありますので、データ作成用マシンは、最初から最後まで同じ環境で作成されることをお薦めします。

このページの先頭へ戻る