オンデマンド印刷 オンデマンド上製本 データ作成上の注意点 データ入稿方法 印刷の基礎知識

■現在位置 : HOME > データ作成上の注意点 > Micosoft Wordの注意点

データ作成上の注意点

Micosoft Wordの注意点

Word-書体

弊社が対応していない書体を使用している場合、類似書体に置き換えて出力させていただきます。確認のため、出力サンプルを添付されての入稿をお願い致します。

Word-書体の保存(office2003以降の機能)

入稿の際、お客様が使用された書体をそのまま印刷したい場合は「ツール→オプション→保存」から「TrueTypeフォントを埋め込む」にチェックを入れてからデータを保存してください。
※HG書体など、一部埋め込みできない書体もあります。

外字・マークについて

特殊文字(外字データ)や特殊マークを使用されますと文字化け(モニタの表示とプリントで違っている状態)する場合がありますので、出来るだけ使用は避けて下さい。

Word-色

PDFの状態から塗り足しを作成することは困難です。塗り足しが必要な場合は、作成の段階で設定する必要があります。
Micosoft Wordは、RGBカラーが基調となっており、印刷のカラーであるCMYKには対応しておりません。印刷時に弊社でCMYK色変換させていただきますが、データ上の色を完全に再現することはできません。色がくすんだり、自然な階調が失われたりします。特に、発色の強いグリーンやブルーは色が大きく変わってしまいます。

カラーで作成されたデータを、「モノクロで印刷したい」場合にもご注意ください。その場合、色のイメージはかなり変わってしまいます。特に赤やイエローなどの映える色は、モノクロに変換すると、思いのほか目立たなくなります。

例1)赤は、モノクロに変換すると、黒ではなくグレーになります。

例2イエローは、モノクロに変換すると、殆ど見えません。(水色や淡い色も同様です)


Word-半透明機能

Microsoft Wordの半透明機能は、家庭用のプリンタ等では綺麗に反映することが多いのですが、印刷の際には、透明部分がガタついたり、一部が消えてしまう可能性があるため非常に不安定です。できるだけ使用は避けてください。
※透明GIF画像を重ねて貼付けている場合も同様です。

Word-罫線

0.25pt以下の罫線は、モニタ上では存在しても、印刷したときに消えてしまう恐れがありますのでご注意ください。
特にexcelのグラフを挿入する場合はご注意下さい。グラフで使用される一番細い罫線は画面やプリントアウトの時は表示されていますが、印刷したときに消えてしまう恐れがあります。

作成者の方へのお願い

OSバージョン、フォント環境、プリンタ環境によって思わぬトラブルが発生することがありますので、データ作成用マシンは、最初から最後まで同じ環境で作成されることをお薦めします。

このページの先頭へ戻る